★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
グローワイルドライフサークル 〜経験値の引き出し〜 釣りと私
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。




つれたがどうしたらいいのか、わからない
写真をとりながら、眺めていた
逃げられることも学び
どうしていくのかを考えるのも学び
何も教えない理由
学びを提供したいから

彼女はどうしたのか?



岩魚は目の前に
彼女の表情にも注目



彼女はこう語っていました
「あの岩魚に糸を引かれる感覚は重かった」と・・・・

次は、キャンプでこどもたちに伝える番です

経験すると伝えるはまったくの別物
でもやらなければわからない

「今の若者は・・・・」と
頭を抱える前に
彼らとお付き合いすること
向き合うこと
何ができるのか明確にできること
末永いおつきあいをすることが
地域社会作りになること

わたしたちだって、若いときがあったんですから





author:ばんちょ, category:都留文科大学学生スタッフ, 23:52
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://banchou.tsuru-kankou.com/trackback/120