★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
つるビーの森 ドングリプロジェクト 「源流をもとめて」
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 おいしい水はどんな風にできるのか?
森に入った。

行く先は川の水の音のするほうへ
導かれていく感じ
自然と山奥へ入っていく

2家族の参加



原生林・植林地
さまざまな森のエネルギーを感じて入ってく
自然からもらえるものは目に見えるものだけではない
目に見えないもの
感じるものはたくさんある
空気だってそうだ

お母さんは、山に入るととても眠くなるそうだ
参加者の小学1年生はすごく生き生きとするそうで
毎回参加してくれている

この山々の恵みを後世に伝えるためにも
森の住人達とつながるために
一歩一歩踏み出していく



親が子供を抱っこする時間
どれぐらいとれているだろうか?
イベントを提供する施設は
イベントだけを提供するだけではいけない
そう感じている

親もともに学ぶ「共育」を取り入れている
そんなにむずかしいことではない
親の関わり方ひとつで
子どもはすぐに変わるが
大人はそうはいかない
社会が変革するヒントがここにある
だからこそ実践し研究する
研究し、実践する

先日の環境教育ミーティング
「清里ミーティング」のなかのWs
でも発表した





水を飲んでみると
「家の水とは違う」「あまい」「おいしい」
ミネラルたっぷりの沢の水は
気持ちを高揚させ、心を元気にする作用まである
すごい
頂けるものはいただこう
お金がやすいからとかじゃなくて
それが私たちのつながるエネルギーになるから


上の写真は世間では
まったく落ち着きがなく、人の話を聞かない子どもがつくった
「石の橋」
この思いを組んでやりたいと思う
みんなと同じことをやるのはどうもおかしい
人にはそれぞれ
やりたい順番がある
やりたいものがある
それができたとき、達成感が生まれる
その意思を組むことで
他人の意思を組むことができる
彼はひたすら石を拾い、石を並べ続けた

そこへ協力者が現れた
みんなちがうことをやっていても
それを認めてあげれば
賛同者が現れる
人の話を聞かないではみ出したことをやているわけではない
みんなのために「橋」をこしらえていた

先を進むにはみんなが濡れてしまうから
先を見越して
動いていた
むしろこちらのほうが世の中生きていける知恵がある

聞く人、聞かない人ではない
生かす人、生かされる人ではないだろうか???



結局、源流はみつからなかったが
いろんな森からのサインやエネルギーをもらって
かえってきた

この効果はすぐには現れない
青年期をむかえるにあたってその成果は現れる

そこに焼き付けるイベントであった

また会いたい
あの場所で・・・・

byばんちょ






author:ばんちょ, category:イベントの様子, 10:34
comments(0), trackbacks(1), - -
Comment









Trackback
url: http://banchou.tsuru-kankou.com/trackback/55
つるビーの森プロジェクトin宝の山ふれあいの里 レポ
おっはよ〜今日も元気なつるビーです宝の山ふれあいの里で行われている、つるビーの森プロジェクトの現地レポだよ・・・てか、宝の山の番長がブログを更新してくれたんだぁ〜。第3回目 「源流をもとめて!!すすめ、宝の山たんけん隊」 レポ第4回目 「森の今を感じ
つるビーのおすすめ, 2010/12/14 2:44 PM