★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
宝の山日記*復刻版 2001/10(第44 回)
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


秋といえば・・・?
なんで秋ってあるの?
なんで四季ってあるの?
なんで虫は鳴くの?
どうやって鳴いているの?

森の中は不思議でいっぱいだ!!
さあ、おむすびもって出かけてみないかい!!


<< 人とひと・気持ちのつながりそして、人と自然が共に生きる里山づくりをめざして >>

●木を焼いて、炭にしてみませんか?〜炭焼きにチャレンジ〜
木はその昔、わたしたちのくらしのなかでどのような役割を果たしてきたでしょうか?
木とのおつきあいはどのようなものだったでしょうか?
ちょいとコックをひねれば「火がつく、お湯が出る」あたりまえのように燃料が使われています。
木とのふれあいを炭焼きを通して感じてみませんか?
※炭焼きの原料となる薪が収集できしだい、どんどん焼いていきます。(希望者は御連絡ください)



●木1本、1本を《み》にいきませんか?〜森のサテライト・ムササビタワー〜
休館日以外なら天候の善し悪しに関係なく森へ入りますよ。
のこぎり、なた、かまなどの山仕事道具をもって出発だ!!


●いつでもやってるよ!!どこへでもいくよ!!〜五感をとぎすませ!!森のなかで・・・〜
センターでは、森を感じる活動を年間を通して行っています。
料金はすべて無料です。
なぜでしょうか?
お会いしたときにお話しします。
そしてどこへでも出ていきますよ。
センターにとどまらずいろんな場所で森を感じようではないか。
 ◯竹細工、木工作、自由工作(独楽、竹トンボ、はし、スプーン、けん玉など)
 ◯野生動物ウオッチング(コウモリ、ノネズミ、ムササビなど)
 ◯各地域の森探険、沢探険など




author:ばんちょ, category:宝の山日記*復刻版, 13:51
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。