★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
宝の山日記*復刻版 2001/12(第46 回)
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


実りの秋、収穫の秋を終え、いよいよ冬本番ですね。
今年も残りわずかとなりました。
どんな1年だったでしょうか?

畑の「ダイコン」や「カボチャ」がニホンザルに食べられる被害は年々深刻になっています。


なぜ、サルは畑にやってくるのでしょうか?

●こんなことがおきています
センターの上にある総合管理棟からは野生のニホンリスの姿をみることができます。
一年中みることができますが、木々が葉を落とした冬は絶好の季節です。
管理棟内に特設の観察場所を用意しておまちしています。

Q何時ごろにあらわれるの?
A朝方からお昼(特に6時頃はよく来ます)

Q何をしに?
Aクルミの実を食べに、時にはシイタケを食べに。

Q何時頃まで見られるの?
Aみんなが静かにしていれば、お昼までいるよ!


※観察を希望される方は、センターまでご一報ください。

●炭焼き体験
広報で呼びかけていました炭焼き体験では、10月に「桂高校放送部」のみなさんが訪れました。
蒔を切り、窯へ薪をつめたりと汗を流していました。
また、今後も自分たちの手だけで炭焼きを行う予定です。
薪は市内の土木会社の協力によりたくさん集まっていますので、体験してみたい方はご連絡をおまちしています。

●炭俵作り
管理棟にいるおじさんのアイデアで炭俵を編んでいます。
「昔、おれらはね〜、炭を焼いて俵を編んでお金をつくったよ」
と当時のことを思い出しながら炭俵づくりをしています。
また、炭俵づくり体験もできます。




author:ばんちょ, category:宝の山日記*復刻版, 14:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://banchou.tsuru-kankou.com/trackback/64