★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
林地残材をどう生かすのか 〜エネルギーとして生まれ変わる〜
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 

軽トラック3台分の雑木
チェーンソー3台、草刈師1名、玉切りした薪を軽トラに積む人2人
7人かかりでエネルギーの源を生み出した

4時間ほどの仕事だが、これはかなりきつい作業だ
それよりもだいじなことがある
エネルギーに変えてていくという強い思いだ

それは、エネルギーに変えていくというだけでなく
森を整備し、元来そこに棲む動植物たちのすいよい環境を維持
さらには森とつながってきた人と森との関係性を
改善していくことにある

今は、薪とはかなりかけ離れた暮らしだが
すこしでもみんなが近い距離に行けるように
まだまだ時間がかかるかもしれないが
その間をつながなければ
森は森として機能しなくなる

ますます、ニホンザルは人里に下りてくる
樹木は二酸化炭素の吸収量を減らしてくる
森も年を取るのだ
しかし、日本の雑木林または広葉樹は自然更新をする
機能を持っている

だからこそ森と関わらないといけない
そのつよい信念が
我々を動かす

そして、みんなに広がるように一つ一つ前進をしていく
なにより一番望むのは
地域に広がることである

そんな有志があつまって
協力し合っている

地域が元気になる
助け合い
分かち合い
譲り合い



チェーンソーが山にこだまする




author:ばんちょ, category:今・・・, 16:51
comments(0), trackbacks(0), - -
林地残材 里山の今を伝える
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 

とある地域のとある方の里山
コナラ・アカマツ・カキ・クリ
かつて樹木がエネルギーとして使われていた
過去を思い起こさせる山であった

とある方の紹介でここに切り倒した
材があるからいらないか?
と声をかけられ
この冬から作業に乗り出している

メンバーは薪ストーブやお風呂を薪ストーブで
生活している人やこれから薪ストーブや
残材の活用に乗り出していこうと
生活を石油からちょっとずつでもいいから
材にシフトしていこうという
気持ちの持ち主たちである

草刈する人、チェーンソーでひたすら玉切りする人
玉ぎった材をトラックに積む人
根っこに軽トラを乗り上げる人
ココア片手に3時に差し入れをくれる近所のおじちゃん

チェーンソー森の嘆きの叫びを代弁するように
唸りをあげ、木を伐り続ける

ふれあいの里では薪にしたり
炭を焼いたりしてエネルギーに変えている
あとは子どもたちが火遊びするために・・・・



林地残材600トン
この材を有効活用

あと50年もすれば石油はなくなる
なくなればどういう生活を
私たちはしていくのか??

いやしなければならないのか?
日本の資源はなんなのか?
それを見直すための
イベントやWsが必要

水は誰がつくるのか?
森はなぜあるのか?

そこに山はある
しかし、遠い

宝の山は今、悲鳴を上げている
そのサインをツキノワグマやニホンザルが
代弁してくれている
地球は語らないが
そのサインを
人間はくみ取らなければならないのではないか?

この便利な時代で
その感覚はどこかへ追いやってしまっている
本来持っている自然欲

自然を欲っしたい気持ち
誰しもが持っている




author:ばんちょ, category:今・・・, 10:57
comments(0), trackbacks(0), - -
森の今
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


明日は、どんぐりの森プロジェクト
「なぜ、どんぐりを植えるのかWS&森探検」
あさっては、
「源流を探せ」
森をあるきながら、森からいずる水はなんでうまいのかを
感じていきます。

各回、午前10時〜 午後3時
弁当持参
参加費300円
定員30名
詳細については、(45)6222まで


さて、今日は森の今を伝えます。
いつも薪をいただいています。
ものすごく感謝です。

センターの暖房は、薪ストーブを利用しています。
これからの時期は不可欠です
しかし、薪はふんだんにあり、なくなる気配がありません。
仲間にも薪ストーブユーザーがいますが、
それで薪は山ほどあります。



このヒノキの枝は、積み木に生まれ変わります。
香り、質感は最高です。
これで大人からこどもまでみんなで
遊びます。

このままの放置は、腐って土に還すことは5年はかかるでしょう。
でも、次のエネルギーに変えたいですね
センターでは、薪であり、工作の材料に、椅子になり、プログラムの材料に
なったりします。

続きを読む >>



author:ばんちょ, category:今・・・, 21:54
comments(0), trackbacks(0), - -