★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
森の中の落し物で工作 〜グローワイルド&観光振興公社〜
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。




いよいよはじまりましたGW。なんだか天気はすっきりしませんが、こどもたちは
元気いっぱい森の中をはし回っています。
宝の山の工作は、森の中に材料を探しにいくところからはじまり、いや、
道具を準備するところから始まります。

都留文科大学サークル「グローワイルドライフ」のパンとゆい指導のもと
企画は始まりました。また、高田研ゼミの学生やそのお友達もスタッフとして
関わってくれ、子供たちも創作活動や人間関係作りに一役も二役も担ってくれました。

そして、公社の「ふねさん」もクタクタになるまで森を駆け回っていました。




森に入る入り口作りの探検。
足元の自然にはたくさん素材が落ちています。
その営みが昔からあったのです





森野からのエネルギーを得ます。
火打石による火起こし中に「パン」チャレンジ中。



リスの巣材をまねて、シュロ縄をほぐし、ボール上に形どり、そこへ火種を尾落とし







炎にこども表情も本気です。



この火をつかって、野草の天ぷらや餅をたべました。
冷えた体も温めてくれます。
いつしかおのずから薪を森へとりにいってくれます。
ありがとう





author:ばんちょ, category:都留文科大学学生スタッフ, 10:33
comments(0), trackbacks(1), - -
ネイチャーセンター 展示作りの状況
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 ネイチャーセンター2階展示を都留文科大学のサークル「グローワイルドライフ」が製作に来ています。まだ完成には至ってはいませんが、完成までいま少しです。

 基本ベースはグローワイルドライフのPRを兼ねた展示ですが、作業が進むにつれ、内容は濃くなっていきます。いろんなアイディアが飛び交い、方針が固まると作業はスパート。

 「畳はありませんか?」  来館者にやわらかい空気を感じてもらいたい!
 
 「森へ行ってもらいたい」 室内だけにとどまらず、展示を見て、体験し森へいってもらいた 
                 い

 などなど、コンセプトワークがうごきながらできています。すばらしい
 たくさんのその道のプロと接し、現場を積んでいる彼らがつくる展示はたのしみが凝縮されている

 たのしみだ

 みなさんも、ぜひ足を運んでください。

 BY ばんちょ





 
 




author:ばんちょ, category:都留文科大学学生スタッフ, 09:22
comments(0), trackbacks(0), - -
都留文科大学グローワイルドライフサークル 〜野性をはぐくむ〜
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。



 
宝の山ふれあいの里とかかわりの深いサークル
グローワイルドのメンバーがセンター2階の展示を作りに着てくれました。
どんなものができたかはまだ、わかりませんが
とても楽しみです

なぜかというと、魅力的な人たちだから
魅力要素は感性のすばらしさ

感性豊かな人材がつくる展示はメッセージ性も強く
来館者に伝わりやすいものを作り上げます

写真は途中経過です



感性のアンテナが張り巡らされていると
いろんなものに興味や関心が・・・・

巨大なケヤキの製粉臼を持ち上げようと
2人でチャレンジしていました

「これは1本の木ですか?」
「こんな木があるんだ」

いろんな疑問が浮かびます
だからこそ森と関われる

人と動物と関われる

現代人が失った感性
彼らはもっている



新入生歓迎の時期で、奮闘しています
ただいま、玄関にはこのポスターがあります

ネイチャーセンターとコラボで
サークル独自で
他大学とコミットして

サークルはイベントや体験活動を世に
提供し、心と森を育てます






author:ばんちょ, category:都留文科大学学生スタッフ, 13:01
comments(2), trackbacks(0), - -