★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
保育園年長児 年間保育はじまる!!
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。



宝の山の自然度を思い思いに体感!!



ミミズの不思議さに・・・・
思いが交錯
こいつは森のなかで何をしているんだ????



大きなミミズも、どっちが頭か???



森のようちえんを実践している都留文科大学高田研さんと遭遇
「あそぶのさぼっちゃだめよ!!」と一声
みんなぽかーん

おもしろい





葉っぱのメガネ



喧嘩もおきます

自分たちで解決

その力をもています



シカの角



森の動物に似ている葉っぱを集めた
コレクション

一歩ずつ、もりの生き物に近づいていきます


どんな色があるかな?
凝視

「黄色、赤、黒、みどり・・・・・」
虫だけど、たくさんのいろ






author:ばんちょ, category:保育の中で体感, 08:45
comments(0), trackbacks(0), - -
お別れ遠足 都留市宝保育所 年長
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 

えっつ、これがお別れ遠足
雨のなか子どもたちがのこぎりをつかう

オタマジャクシを探しに池へ出向く

子どもたちが自ら択んであそびにいく
やりたいことをやってみる
大人たちが操作をしない



子どもは雨が大好きだ
むしろ関係ない



子どもたちも夢中だったが、保育士もそれ以上に夢中だった
その姿がうれしい
子どもは常に大人の姿を感察している
心で感じている



釘うちだって

次はカタチにしたい
欲が芽生えることはわかっている





author:ばんちょ, category:保育の中で体感, 21:05
comments(0), trackbacks(0), - -
森の探検・音楽隊 都留市長生保育園 青組
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 宝の山ふれあいの里年間保育、最後の日となりました。
子どもたちは自分たちで遊びを生み出す力を森で蓄えました
自信をつめています。
あらゆる困難があっても、ひとりでなくみんなで解決していっています。

このプロセスは重要
森の物語にシナリオはありません。
子どもたちの感性に委ねられています。



体全体をつかって斜面を登り始めます
でも上れないときもありました
しかし、経験をつんでいけばできるようになります
この機会が大切



あともう少し



巨大なフジのツルにまたがり、おうまさんごっこ
激しく揺らして、落ちたらおしまい



キツツキのおうちもみつけ



サルのウンチをみつけました



アブラチャンんの木を切り、森の音楽隊のはじまり
奏でる音楽は・・・・

でもたのしい



こんどは合奏





森の橋をわたります
どきどき
でも、この経験が成長させます





森のすべり台



彼は、フィールドスコープのねじを回しすぎてしまいました
それを壊したと思い、周りの子どもたちがさらに拍車をかけるもんだから
ないてしまいました

一生懸命直しています
見守りました

30分やり続け
直せました

軸のある少年です

最後tまでやりぬく力は育っています

長生保育園ありがとう
たくさんの感性をありがとう

また来年もよろしく



author:ばんちょ, category:保育の中で体感, 20:45
comments(0), trackbacks(0), - -
森のなかですくすく保育 都留市長生保育園 青組
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


 ふれあいの里へ到着すると
「ばんちょう、薪とりにいていい???」
「いってこーーーーーーい」から始まる保育

あとは子どたちがスケジュールする




ほんとは、こういう道具
すぎにはっぱを拾い集め、運ぶ
重ければ、仲間森の中から呼び叫ぶ
そうするとみんなが集まる

子どもだけでルールはすぐに作れる



「これ、誰が切ったの?」飛び交う疑問
「山師だよ」

20kgもあろう木を持ち上げる
体の根幹ができている
保育の賜物



ボーリング?



お昼



斧を使い、割ってみる
割れない
でも粘る



消し炭で落書き?
いやアートが始まる



みんなで塗りっこ!!



園長も薪割にはまるの巻



まさに芸術家の競演でした!!!
明日は森の中へ



author:ばんちょ, category:保育の中で体感, 09:34
comments(0), trackbacks(0), - -
都留市長生保育園 年長児 魚の命をいただく!! 年間保育
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。




森の中で毎日起こうr生存競争
「ヒミズ」をみつけ、さわったり、目をさがしたり
不思議なことでいっぱいだ

このヒミズの感察は、ネイチャーセンターの得意分野
彼のことならなんでも知っていない
だから感察する



森へ薪拾い
バケツも必須アイテム





ここはセンター下の高部和雄さんちのやま。ひのきの植林地。
お許しをいただき、枝を拾わせてもらっている
自分も山も魚も元気になる薪拾いプログラム



こんなにとれたよと自慢げだ



火が熾きたら、魚をつかむ
台風の影響で2回も伸びたこのプログラム
川の地形もかわってしまい、急きょ、池のなかで






続きを読む >>



author:ばんちょ, category:保育の中で体感, 10:16
comments(0), trackbacks(0), - -